ヒメホタルタケ?と不明種

I様、皆様

 

先日のI様から展開されたヒメホタルタケの写真を見たとき、以前から気になっていたアミヒダタケに似た白いキノコを思い出しました。

昨日、早速棲真寺公園に出かけてみると、沢沿いの枯れ枝にそれが発生していたので採取し夜に発光を確認してみました。

ツキヨタケよりも弱いですが、目が慣れてくるとぼんやり光っているの見ることができました。

ホタルが発生する時期に、同じような環境に光るキノコが発生するというのも種を越えた不思議を感じます。

その生態写真と発光写真を添付します。

 

この他、テングタケ属などもちらほら発生していましたが、その中に一見ウラベニタケに似た地上生の不明種がありましたので添付します。つばはありませんが、ヒダ側には内被膜のようなものが残っていてアリが群がっていましたが、コテングタケモドキにも似ているようです。根元の確認を怠ってしまったので確認できていませんが、参考まで。

 

以上、よろしくお願いします。(Y.H)

4 コメント

春後半のキノコ達(5種)

皆様

 

春の後半に出会ったキノコ達を紹介いたします。

<中央森林公園>

(1)  タンポタケ?

初めて見かけました。寄主のツチダンゴは、約1.5cm程度とかなり大きいです。

<棲真寺公園>

(2)  アリタケ

以前、中央森林公園で採取したことがありますが、棲真寺公園でも発生が確認できました。

(3)  タンポタケの仲間?

アリタケの発生場所のすぐ近くの地上から発生していました。一見タンポタケかと思いましたが、柄が細長く、寄主のツチダンゴ類?(径約5mm)の表面が黒くなめらかで、上記のものとは異なるようです。

(4)  ムラサキフウセンタケ

春に発生を確認できたのは鏡山公園以外で初めてです。これが出始めると本格的なキノコシーズンを予感させてくれます。

<比治山公園>

(5)  カンゾウタケ

観察会に参加できませんでしたが、Y.K様に場所を教えていただき撮影してきました。新鮮な状態の撮影は初めてです。

 

以上、宜しくお願いします。(Y.H)

13 コメント

ウメハルシメジ

そろそろウメハルシメジの季節ですね。
我が家のモモの樹下にも出てきました。(S.I)

きのこ2点

 久しぶりに見つけましたので投稿します。
・4-15 元宇品で石垣の苔に生えていました。チャワンタケの仲間だと思います。縁が荒く割れ、内側は明るい肌色、外側は濃色の小いぼがまんべんなく付いていました。柄は確認できませんでした。
・4-25 スジオチバタケ 岩倉ファームパークの山側の落ち葉の中に1本だけ生えていました。まだ瑞々しく、と~~ってもキレイでした。
昨日の雨が良かったのでしょう。

 

宜しくお願い致します。(A.N)
2 コメント

最近出会ったキノコ達(4種)

皆様

 

春のキノコ代表のアミガサタケ類はまだ一本も見かけられず、出足不調な今シーズンですが、

前回から本日まで、緑化センターや東広島から世羅方面で出会ったキノコ(4種)を紹介いたします。

(1)  ヤンマタケ 世羅方面で観察

(2)  カンムリタケ 県央の森公園内の湿地に群生

(3)  ウラスジチャワンタケの幼菌? 緑化センター

(4)  ヌメリタンポタケ 緑化センター

以上、宜しくお願いします。

(Y.H)

2 コメント