マンネンタケ

皆様

マンネンタケは広葉樹に、マゴジャクシは針葉樹に発生するとされていますが、

マツの枯れ幹に発生したマンネンタケがありました。場所は緑化センター、

撮影者はT.Fさんです。

(Y.K)

トンビマイタケ

Nさんが採集されたトンビマイタケです。場所は県北とのこと。

きのこは新鮮で発生したばかりという感じです。こんな時期に

発生しているのですね。触った所が黒変してきます。

(Y.K)

東広島方面のミニ観察会中止連絡および最近出会ったキノコ(2種)とその他

皆様

 

先日の豪雨で東広島方面もいたるところで土砂崩れが発生したことはニュースでも報じられご存知と思いますが、

東広島方面のミニ観察会を予定していた県央の森公園でも園内や道路で土砂崩れが発生したため利用禁止、通行止めの状態です。

また、その他の観察候補地の中央森林公園や棲真寺公園の状況を確認しましたが、かなりの影響を受け、立ち入り禁止区域が設けられています。

今後の復旧・開通の見通しが立っていないことや、その他の候補地も足場が悪く安全確保が難しいため、残念ながら今年は中止にしたいと思います。

 

さて、上記の状況を現場確認した際に、何種類かは観察することができましたので、ついでに紹介いたします。

(1)  カブラテングタケ? (棲真寺公園)

一見タマシロオニタケに見えましたが、膨大する基部が滑らかで、ヒダが黄色などの特徴からカブラテングタケと思われます。

(2)  アヤメイグチの仲間(中央森林公園)

傘の断面は青く変色し、柄はワイン赤色です。北陸のきのこに掲載されているマルミノアヤメイグチ()と特徴が似ているようです。

(その他)ヒナノシャクジョウ(中央森林公園)

初めて見ましたが、高さ1cm程度の極小の可憐な花で、猛暑を一時忘れさせてくれました。

調べるとギンリョウソウ同様に菌従属栄養植物で、広島県RDB絶滅危惧1類のようです。

 

以上、宜しくお願いします。(Y.H)

2 コメント

ミズゴケノハナ

皆様

広島城の芝生にミズコケノハナを見つけました。

ベニヒガサに似ていますが、

傘の中央部の鱗片がやや黒みを帯びています。(Y.K)

ヒメホタルタケ?と不明種

I様、皆様

 

先日のI様から展開されたヒメホタルタケの写真を見たとき、以前から気になっていたアミヒダタケに似た白いキノコを思い出しました。

昨日、早速棲真寺公園に出かけてみると、沢沿いの枯れ枝にそれが発生していたので採取し夜に発光を確認してみました。

ツキヨタケよりも弱いですが、目が慣れてくるとぼんやり光っているの見ることができました。

ホタルが発生する時期に、同じような環境に光るキノコが発生するというのも種を越えた不思議を感じます。

その生態写真と発光写真を添付します。

 

この他、テングタケ属などもちらほら発生していましたが、その中に一見ウラベニタケに似た地上生の不明種がありましたので添付します。つばはありませんが、ヒダ側には内被膜のようなものが残っていてアリが群がっていましたが、コテングタケモドキにも似ているようです。根元の確認を怠ってしまったので確認できていませんが、参考まで。

 

以上、よろしくお願いします。(Y.H)

4 コメント